シン・エヴァンゲリオン見てきたけど、ネタバレなんて出来るわけない。

映画
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます。まったです。

先ほど、シン・エヴァンゲリオン見てきましたが、とりあえずこれから見る予定。見たいと言う人に一言。

・開演前のトイレは済ませておこう

・終わるまでコーヒーや酒は我慢しよう

これは鉄則ですね。めちゃくちゃ長い。そして重要なシーンも多いという事で

自他ともに認める頻尿マンにとっては精神力との戦いでした。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

感想

とりあえず綺麗に終わらせたなと言うのが感想です。今までの伏線だったり、それぞれの思惑に対するアンサー、視線の意味合いなどすべてに対する答えがあったと思います。

新劇場版シリーズはQで滅茶苦茶失速して、肩透かししたイメージがありますが

Qでがっかりした方こそ見てほしい。Qで描かれていなかったそれぞれの心理等そういったものがしっかりと描写されていたので、前回のがっかりに対する明確なアンサーが今作とも言えます。

そういう意味でも今作は集大成であったり、人によっては何十年も続いた青春が終わった瞬間と言えるのではないでしょうか。

前作の話で非常に申し訳ないですが、Qに対する見方が変わったし、エヴァ作品としても一番報われた終わり方だと思っています。Qはあくまでシン・エヴァに付随する問題提起であり、未完成。

そんな未完成の状態で何年も待ち続けたエヴァファンって相当マゾだなって思います(誉め言葉)

スポンサーリンク

ネタバレに関して

ネタバレに関してはしないつもりです。あくまで前作をしっかり復習した上で、ネタバレしない方が楽しいかな。と感じました。

あと、ネタバレなんてしたら、見てないエヴァファンにぶち〇されそうだし。

そもそも、ガチの解説やネタバレをするのは難しいんですよ。このアニメ。やろうと思えば出来るんですが、恐らく記事10個位の壮大なボリュームになりますし、流石に働くのやるには無理。

エヴァ自体が考察性が高いアニメですし、不完全要素なりマルチなエンディングがあるからこそ、全てを語るのは非常に困難です。

映画レビューは現時点でこの2つを上げていますが、これと同等のボリュームを10近くですからね。無理。まあ、この二つはネタバレしてこそ楽しいから、ネタバレしてるけどね。

興味ある方はご覧ください。

断片的なネタバレは出来るのですが、1つ語るとまた語りたくなるのがエヴァ。

敢えてわかる人にはわかるネタバレをするとしたらエヴァは円環の理。ってまどか☆マギカかよ。

スポンサーリンク

丁寧というか丁寧すぎるつくり

後の特徴として、今回のシン・エヴァはエヴァ史上最もわかりやすい作品とも言えます。

おい、庵野どうしたんだ!って位わかりやすくて丁寧な作りでした。エヴァ自体説明不足なところがありますし、その説明不足が起因となって多くの考察やファンを生んだのかと思いますが、

今までのエヴァはなんだったんだ。ってくらいわかりやすい。

ここまで丁寧な作りにしたのは、エヴァをしっかりと終わらせたいと言う庵野監督の思惑もあるのではないでしょうか。

エヴァのテーマの一つとして「大人の都合と子供の思惑」があると思っています。

そういう意味で、庵野監督は大人としての責任を果たした作品ですね。

TV版、新劇場版に限らず、残酷な天使のテーゼ、魂のルフラン、心よ原始に戻れと言ったエヴァを代表する曲に対するアンサーとしても成立した同作品。

神話を作ろうとし、終劇を向かえた作品としては限りなく正解に近い形だったのではないでしょうか。

エヴァに対する贖罪であったり、現実であったり、ラストシーンにあの場所を選んだこと、全てを納得させる要素がふんだんにありました。非常に意志が強く、考えられる上での最高の終わり方だったと思います。

スポンサーリンク

シン・エヴァを見る上で必要なもの

とりあえず新劇場版はマストですね。今までの作品と同様前回のあらすじで序破Qは見る事が出来るのですが、

それでも初めて見る人には訳が分からないと思うので、まずはこの当たりからチェックしましょう。

各配信サイトで課金購入できるみたいですが、新劇場版を見放題で見れるのはAmazon Prime、旧エヴァシリーズはNETFLIXのみとなっております。他は都度課金となっております。

詳しくは公式サイトに配信情報がのっていますので、そちらを参考にしてください。

公式サイト 配信情報
スポンサーリンク

理解を深めるために必要なもの

エヴァ自体が新約聖書、旧約聖書をモチーフにしているため、キリスト教に対する知識が深いと一層楽しむことが出来ます。

宗教と聞くとえ?と思いますが、単純に読み物としては面白いので、これを機に読んでみるのもアリかもしれません。

スポンサーリンク

最後に

と非常に丁寧なつくりなので、考察はいらないのかな。と思います。ひとまず庵野監督お疲れさまでした。そしてありがとうございます。

アフィリンクばっかでごめんなさい

コメント

タイトルとURLをコピーしました