最近流行っているNFTアートについて 前編

お金の話
スポンサーリンク

皆様お久しぶりです。まったです。しばらくブログを放置しており、申し訳なく感じております。

ブログを放置している間、一部界隈でNFTアートと言うものが流行っており、それに関する意見も賛否両論と言う状態。

そんな一大イベントに盛大に乗り遅れた私でございますが、今更ながらにNFTアートに関する一意見や思う事について書いていきたいと思います。

ただし、複雑はシステムなため前半はNFTに関する説明に時間を要しますので、認識がある方は前半は読み飛ばしてください。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

NFTとは

NFTとは「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略称で、偽造の出来ないデータの略称です。

これらは音楽や画像、不動産と言ったように著作権や所有権に絡むものに、偽造不可能かつ所有者の証明をするために、必要な仕組みの一つです。

仮想通貨が絡む。という事もあり、代替性や通貨としての価値をイメージする方も多いとは思いますが、NFTに関してはその所有権や信ぴょう性を示すための証明と言うニュアンスが正しいかもしれません。

例えるとすれば日本銀行券の番号、シリアルコードに近い、もしくは同義であると私は捉えています。

これらは一つしか付与されず、それ単体が本物の証明となるので、所有者にサービスとも言えます。

NFTアートとは

あくまでNFT単体はあくまで所有の証明でしかなく、それ単体では価値があるとは言い切れません。

パソコンで例えるのであれば、NFT自体は本体であり(MACコード等もあるので間違っては無いと思う)、それ単体では機能しません。

その中にOSや表計算といったソフトやアプリがある事によって初めてようやく機能するもの。

NFTアートとはアートの部分はソフトの役割であり、コンテンツと組み合わせる事によって初めて価値が成立するため、そのソフトが如何に価値があるかが重要になります。

前述の日本銀行券の場合であれば、日本で1万円と言う価値が認められているからこそ、1万円と同等の価値として流通しており、それが無ければただの番号がついた紙でしかありません。

価値が認められなければただの紙、番号が無ければ偽造し放題、かつ証明が困難という事で、

そういったソフトとハードが噛み合う事によって初めて成立するのがNFTアートです。

そのため、私にとってNFTとは

本銀行券についている記号みたいなもの

と言う認識であり、その記号を取引している不思議な世界だなあ。と思わざる負えません。

ギザ10のようにそれ単体が珍しく、価値があれば話は別ですが、NFTに付随するソフトに価値があるのか、将来的な収益が見込めそうなものであれば価値はあるでしょうし、そうでなければただのゴミ

と言う非常にシビアな世界であると思っています。

(当方仮想通貨やNFTについてはガチのニワカのため、詳しい事は仮想通貨ガチ勢に聞いてください)

スポンサーリンク

NFTの流通方法と儲かるシステムに関して

これらに関しては方法が二つあり、一つは所有権を売買し、その差額を使って儲ける方法、もう一つは売買時に発生した手数料で稼ぐ。この2パターンが存在します。

所有権の売買に関して

こちらに関してはopenseaやコインチェック、mimneと言ったシステムを利用し、イーリアサムを使用して売買する仕組みとなっています。

証券口座と同様に仮想通貨の口座も必要となる為、それらの作成も必要となります。

その他にもコインチェックを使う場合はウォレットの役割としてMetamask、データ交換のためのソフト等が必要になります。

そういった市場で価格を決め、売買し、その差額で儲ける。と言うのが一つです。ただし、売買する場合はガス代と呼ばれる手数料が加味されるため、それも踏まえた上での価格付けも重要となります。

手数料で儲ける

所有権を持ったNFTアートは売買される度に所有者に手数料が入る仕組みとなっており、売れる価格、アクセス数、販売数が増えるほどその手数料はどんどん増えていきます。

こちらは典型的な印税に近いシステムであり、本来のあるべき形はこちらの方にあると思っています。

さて、ここからは個人的な見解について語っていきます。

スポンサーリンク

NFTは流行るのか問題

ここからは個人的な意見です。最近はイケハヤやマナブを筆頭にNFTアートのプッシュをしており、それに対する意見も賛否両論。

盲目的に信仰するのもどうかと思うが、闇雲に否定するのもどうかと思うので、調べた上で自身の結論をどうかと思います(めっちゃ調べたよ)。

それを踏まえての結論ですが、

限定的な需要や販路の拡大には有効だが、投機、投資の対象としては長続きしない。

と思っています。何故そう思うのかは下記の内容の通りです。

まずは、NFTアートが有効なケースは下記の通りです。

世界的な市場・他国市場への開拓する場合

NFTアートは英語サイトがメインであり、世界に市場が開かれています。そのため、色んな国の人に知られ、買われる可能性もあるため、うまくいけば世界進出を狙う可能性があります。

例えば国内で知名度があったとしても、世界的には無名と言うケースがままあります。そういった人たちが市場を広げる為に、所有権を売買する。と言う点は有効です。

また、世界進出を狙うにしても市場調査や法務関連の問題で手間が増える事もありますし、ましてやそれを個人でやるのはそういった事を行うのは至難の業。

そういった中でNFTアートを利用して、そのようなプロセスを購入者に任せ、自分はマージンで稼ぐと言ったような事もできそうです。

例えば、ちいかわの作者のナガノ氏が世界的に有名にしたいとしましょう。

その時にNFTを利用する事によって海外の人が所有権を買収。購入者は代理店として各社に売り込んでその収益で儲けるという事も可能で、代理店、ナガノさん双方がうまくいく可能性もあります。

そして、とんとんと話が進み、気が付けばゲーム会社が権利を買収。結果として

FALL OUT CHIIKAWA

なんてゲームが出る可能性すらあります。

その逆も然り、国内では需要が合わなかったが、海外ではウケそうなクリエイターがニーズに合いそうな国に売り込む場合、国内で売りたいけど国内に販路が無いケースには有効かもしれません。

個人的にはNFTアートの健全な使い方は、正規の代理店としての役割だと思っています。

世界的に埋もれている人たちの発掘であったり、市場拡大。それを然るべき権利と唯一性を与えると言う点で可能性がある市場だと思っています。

ただし、これは販路拡大の可能性の一つでしかない。この点は注意が必要です。

ファン限定コンテンツの活用

これは国内向けのサービスとなりますが、ファン限定サービスとしてNFT作品を発表すると言う手です。

これに関しては唯一性を利用してファン向けのコンテンツを作成して、プレミア感を上げるといった感じです。これに関しては 香取慎吾さんがやられてますね。

このようにシリアルコードを発行する事で唯一性も保証されますし、非常にうまく使ったシステムだと思っています。ファンとしては一点ものを手にする嬉しさもありますしwinwinです。

香取さんのやり方は非常にうまいなと思いますが、いくら唯一性が守られているとはいえ、コンテンツによっては転載する可能性もありうるわけです。例えば画像とか小説とか。こういったものは人力でコピーできそうなので、如何に対策するかも大事なので、やっぱり楽して儲ける代物ではないですね。

箕輪厚介あたりがやらかさないかなあ。と思ったけど彼NFT作品やってたわ。

スポンサーリンク

デメリット・流行らない理由

とここまでは可能性を書きましたが、ここからは問題点やデメリットについて語ります。

デメリットは下記の通りです。

法整備の問題

NFTアートに関する問題点として、真っ先に上げるのであればこちらでしょう。現時点でNFTアートに関する法規制は万全とは言えません。寧ろ全く整備されていないといってもいいでしょう。

弁護士さんがサイト上で見解を述べていますが、金融規制法においても、コンテンツをどう扱うかによって対象となる方が異なると言ったように非常に複雑なものとなっています。

第1回 【弁護士が解説】 NFTとは? 法規制と実務上の留意点

このシリーズを一通り見ればわかりますが、取扱方法、利益の還元方法によって適応される法令は変わってきます。

現状の様に売買前提のものであれば、NFTアート自体は有価証券の扱いとなるため、扱いもその分シビアになってきます。

日本だけでもこれだけの問題が孕んでいる上に、仮に世界へ進出するとしたら各国の法令を遵守する必要もある。これを解決するには個人の才能だけでは到底無理。

幸いその辺りに精通している購入者に当たればラッキーかもしれませんが、ただでさえ整備されておらず、曖昧なものに精通している方はごく稀だと思います。

そういう面でも販路拡大にはなるけども、リスクにはなる。と僕は思っています。

著作権の問題

デジタルコンテンツは劣化はないものの、複製が可能です。勿論NFTアート自体に非代替性が高いこともあり、そんな事はないと言われそうですが、画像は場合によってはスクショしてコピーも可能ですし、

それらに対するハード側(スマートフォンやPC等)の機能で対策するのも確かなため、悪用と言うリスクも考えられます。

この当たりは詳しくないのでこれ以上の言及は控えますが、前述の弁護士さんの見解もありましたが、

このデジタルアートに対する法律はリアルアートを基準にすべきか等、非常に議論が問われる問題となっています。専門家でさえ意見が割れるものである以上、法整備には大幅な時間がかかりますし、

実現するまでには相当な時間がかかるでしょう。

仮想通貨の売買のみで成立する点

そして、問題点の一つとして金銭の売買のみで所有者が譲渡されるのも課題でしょう。

本来所有権の購入を行ったり、譲渡する場合には契約書が必要。そこにはトラブル防止のための約款や支払いやルールが記載されていますが、NFTアートはあくまで購入のみと言う点があるため、

何かあった時の対処が非常に困難となります。

例えば所有した商品に著作権侵害が発生し、訴訟があった場合のリスクもありますし、第三者が他者の作品をNFTアートとして出品した結果、本人に怒られると言うリスクも考えられます。

本来NFTアートが所有者の権利を保障するためのツールであると私は認識していますが、購入者、出品者に法令遵守の精神が無い場合、大きなトラブルに巻き込まれます。

そういったものを契約するために本来であれば契約書が必要となるんですし、誰かわからない方から契約書なしで購入する事はかなりのリスクです。ヘタすれば出品者が反社会勢力で、安易に買ってしまった結果、トラブルに巻き込まれる可能性すらあるわけです。

まぁ、魔法少女まどか☆マギカ読んでる人なら、契約の恐ろしさや重要性を知っているはずですよね。

僕と契約してアフィリエイトリンク全部買ってよ(黙れ)

持続性の問題

前述の通り、法整備の問題が孕んでいるのですが、それまでに時間はかかる事は必至。そうする事によって健全な売買は可能になるとは思いますが、それまでブームが続くかは聊か疑問です。

いまだにそういう事を言うなんて旧時代のアンチはオワコンですね。はっはっはと高知のハンチングに突っ込まれそうですが、

今のNFTの煽りってどちらかと言うと投機の煽りに近いんですよ。

NFTというシステムに対する宣伝をして、コンテンツに対する楽しさを伝えていないと言いますか。

多分ゲーマーの人なら伝わると思いますが、スペックの高いハードを売ったところで、ソフトが充実してないと売れないんですよね。例えばドラクエやFFやバイオやAmong usやイカゲームやイカ娘みたいなキラーコンテンツがでて、ようやく売れるんです。

基本的にはNFT自体がハードである以上、いくらハードが充実してもソフトが無いと売れるものも売れなくなるという現実。

そういった意味でアーティストを取り込むと言う意味で、今の煽りは決して悪い事ではないと思います。

ただし、ソフトに関する説明がブランディングに偏っている感が強いですし、アーティスト側も売れました!と言う報告だけ。

NFTアートを有効的に使うのであれば、自身の作品をどう使ってほしいか、どういった作品にマッチしやすいかなどを、アピールする必要があるわけです。ただし、自称NFTアーティストはそういったものが少ないです。

ネット上で出回っている絵師は集客も兼ねて、定期的に絵を上げ、ファンを作っているおり、その中でニーズに即したテーマを絞り技術を磨いて、結果ファンが増えている。そういった方が権利を守るために、NFTを活用するのは悪い事ではありませんし、本来の目的を果たせていると思います。

まだ、日本では黎明期という事もあり、致し方ない事かもしれませんがソフトに対する意識が弱く、

NFTアートそのものが金融商品のような扱いになり、煽り方も投機の要素に近い。そういった面でNFTアートは長続きしないと思います。

スポンサーリンク

続きは後編で

後編を作成いたしました。

まずは、前編をご覧いただきまして、誠にありがとうございます。引き続き後編をご覧いただくか、F5アタックしていただけますと幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました