WordPressのSNS自動投稿の定番!SNAPの設定方法まとめ

ブログ運営
スポンサーリンク

以前の記事でTwitterAPIの取得方法について記載いたしました。

今回はAPIを取得した後の話です。今回はその続きです。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

APIを取得したらやること。

APIの取得が完了した後、Account Application Approvedと言う件名のメールが来たら手続き完了です。

その後、メールに記載されたdeveloper accountのURLをクリックします。

このようなメールです。このメールを開いた後、twitterをログインすると、設定したサービスの名前が出てきますので、自身のサイトをクリックします。

ここでトークン入手のために鍵ボタンを押したくなりますが、ディベロッパーアカウントの初期設定が読み取り専用となっており、こちらを読み取り書き取り用に修正しなければなりません。

変更の為に、まずは設定(歯車ボタン)を押します。

その後App permissionをクリックし、変更し、APIの設定手続きは完了です。


ここまでクリアしたらAPI関連は終了です。

スポンサーリンク

プラグインをインストール&有効化

WordPressを開き、プラグイン→新規追加を選び、Social Networks Auto-Posterで検索します。

その後、「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」を選択し、有効化します。

もしくはこちらからダウンロードも可能です。

NextScripts: Social Networks Auto-Poster

ツールバーからSNAPを開く

有効化が完了するとツールバーにSNAPが表示されます。SNAPのメニューにポインタを合わせると画像のようなメニューが表示されますので、ここからAccountsを選びます。

開いた後は、Add New accountでTwitterの情報を登録します。

APIの設定

アカウントを設定する際に、下記の内容をdeveloper accountから得た情報を入力します。

・Your Twitter URL
→twitterのプロフィール画面のURLを入力してください。

・API Key (https://apps.twitter.com/)
→取得したものを入力

・Access Token
→取得したものを入力

・Access Token Secret:
→取得したものを入力

・Message Format: (Show format info)
→ここで本文を設定できます

です。その後、Submit test post to twitter でテスト投稿を行い、反映できれば完了です。

エラーの場合、トークンのコピーミス、APIの権限が読み取り専用のまま、本文のタグ付けが間違っている可能性が高いです。

無事完了いたしました。

スポンサーリンク

まとめ

上記の方法で自動更新が可能となります。API取得までは時間がかかるりますが、一度使うとSNSの効率化が可能となり、おすすめです。

Twitterだけでなく、FacebookやPintarestとも連携可能なため、発信者にはおすすめのツールです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました